広島県福山市 社会福祉法人昌和福祉会

社会福祉法人昌和福祉会

活動方針と目標

●活動方針

 

私たち「せんにしひろば」「にこにこひろば」「そらひろば」「いくたす」は、すべての利用者が、 「いくじ たのしい すばらしい」と感じられるよう、すべての子育て家庭に対して平等に接し、丁寧に寄りそっていきたいと思います。

 

私たちは、法律規則を遵守し、利用者の人権を最大限に尊重します。

  私たちは、遊び場を通じて、親子が安心してくつろげる環境を作ります。

  私たちは、ふれあいを大切に考え、家族をつなぐ架け橋となります。

  私たちは、気軽に子育て相談を寄せられる身近な存在になります。

  私たちは、親にとって時に息抜きができるサービスを提供します。

  私たちは、ひとと地域を結び、賑いのある地域コミュニティーに貢献します

  私たちは、通信やIT媒体を通じ、子育ての幅広い情報をお届けします。

  私たちは、前記を全うするため、その専門性を高める自己研鑚に努めます。

 

 

●活動目標

 

<2017年度 活動目標>

 

 

  親子で、季節の歌や手遊びを共に楽しむ。

  親子が、集いの広場でのさまざまな遊びを通して、互いの想いを感じて理解しようとする。

  保護者が、いろいろな親子に関わる事でそれぞれの考え方を認め、自分なりの子育てができるようになる。

  保護者が、子育てにおける悩みやわからないことに対して子育てスタッフやまわりの保護者に気軽に相談する。

  保護者同士情報交換をし、必要な子育て情報を得る。

  保護者同士の関わりから、小さな地域づくりに積極的に参画する。

  私たちは、年間を通じて土日祝日の開所に努め、幅広い層の利用機会を確保する(いくたす)

  私たちは行政との連携を密にし、利用者のニーズに沿った取り組みを考える。

  私たちは、日頃の様々な利用者統計やアンケートなどを通して常に動向やニーズの把握に努め、ニーズ傾向について詳しく分析し課題改善に努める。

  私たちは、子育てに必要な情報を常に得る努力をし細やかに発信する。

  私たちは、毎月回の講座を通じて、子育てに役立つ情報や子どもの成長の見通しについて知らせる。

  私たちは、保護者の相談に対して傾聴をこころがけ、できるだけ悩みを和らげる。

  私たちは、一時預かり保育を通じて親自身の時間を大切に考え、子育てへの活力につなげる。

  私たちは、様々な関連事業と協働するとともに、募金活動や虐待防止など社会貢献活動も行う。

  私たちは、地域での活動を希望される市民の方々のボランティアを積極的に受け入れ、未来の子育て支援実践者の育成に努める。

○ 私たちは、業務終了後に毎日ミーティングを行う中で活動内容を振りかえり、相談事例についても個人情報に留意しながら互いに意見交換する。

  私たちは、当法人3施設と、連携する市内の保育施設で運営する「地域子育て支援グループ ほいくの園」の活動に参加する。

 

 

子どもたちのすこやかな成長を願って、より身近な子育ての応援者となるよう努力いたします。